月別: 2017年3月

お店の対応について

本番行為には多くのリスクがありますので、デリヘルでアルバイトをするのであれば絶対に本番をしてはいけません。しかし、中にはそれでも本番強要をする悪質なお客さんがいるのです。もし、プレイ中に本番を強要されたらどのように対応したら良いのでしょうか。

何よりも大切なことは、はっきりと本番を断ることです。ここで遠慮をしてしまっては、相手がつけ上がってしまいます。それでもしつこく本番強要をされてしまったら、すぐにプレイを中止してスタッフに連絡をしましょう。デリヘルはラブホテルやレンタルルームでプレイを行いますので、すぐ側にスタッフがいるわけではありません。そのため、早急に連絡をすることが大切です。

お客さんがデリヘルを利用する際には必ず電話でやり取りをします。そのため、お店は本番強要をしたお客さんの電話番号も知っているので、簡単に出禁にすることができるのです。こういったお客さんは常習犯ですので、出禁にしてしまった方が今後のトラブルがありません。

参照・・・http://job-jojoen.jp/main/
本番行為を禁止している「汝々艶大阪店」の風俗求人サイトです。

中には新人を指名して、「デリヘルは本番が当たり前なんだよ」、「本番をしないと稼げないよ」などと言葉巧みに本番強要をするお客さんもいます。働き始めたばかりの女性は、こうした言葉に騙されないよう十分注意しましょう。

本番のないメリット

デリヘルで本番行為は禁止されていますが、それにはどういった理由があるのでしょうか。もちろん、お店が摘発されるというリスクが最も大きい理由ですが、それだけではありません。

本番をしてしまうことで、妊娠というリスクがあるのです。もちろん望まない相手に妊娠させられてしまうため、アフターピルで対応をしなければなりません。そして、アフターピルが間に合わなければ堕胎をしなければならないのです。堕胎とは単純にお金だけの問題だけではなく、肉体的にも精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。さらに、仕事に復帰するには何日もかかるため、その間の収入が途絶えてしまうのです。

中には、結婚をしていながら夫に内緒でデリヘルのアルバイトをしている女性も少なくありません。しかし、そういった女性が妊娠してしまうと、デリヘルのアルバイトがバレるだけでなく離婚に発展することも考えられるのです。

また、本番行為は妊娠以外にも考えられるリスクがあります。代表的なものは性病でしょう。性病とは粘膜による感染が大半ですが、本番行為をすることで性病の感染リスクが増大してしまうのです。本番行為にはこれだけのリスクがあるということを知っておきましょう。

風俗に本番って必要ないの?

風俗をよく利用している男性は、ジャンルごとのプレイ内容の違いがわかるものでしょう。しかし、女性がお客さんとして風俗を利用することはありませんので、具体的なプレイ内容はイマイチわからないかもしれません。特に、本番が行われているかどうかがわからない女性もいるでしょう。

デリヘル、ソープランド、ピンサロなどが代表的な風俗ですが、デリヘルで本番行為は行われていません。これは、デリヘルにおける本番は違反行為となるためです。仮に本番をしてしまったら摘発されてしまうため、デリヘルで働く女性はその点をきちんと理解しておかなければなりません。摘発されてしまえば当然お店も営業できなくなってしまうため、お店側は、女性が本番を行わないように管理をしています。

お客さんがデリヘルを利用するには電話でお店とやり取りをしなければなりませんが、そこでお客さんの電話番号を管理しているのです。そのため、本番を強要するお客さんをすぐに発見することができます。

そして、中には手抜きをするために本番を誘う女性もいます。そのほかにチップ目当てで本番を誘う女性も少なくありません。どのような理由であってもデリヘルでの本番行為は犯罪ですので、女性から誘うこともアウトです。こういった女性が在籍しているとお店が摘発されてしまうので、その場でクビになってしまう可能性もあります。情報はすぐに出回りますので、別のデリヘルで働こうとしても断られてしまうでしょう。